music on life

ライブやフェスを軸にしつつ、音楽にまつわるあれやこれやを

JOIN ALIVE 2017 私的タイムテーブル

JOIN ALIVE 2017の開催まで残り2週間。
そろそろ現実的なタイムテーブルを考えなくては行けない時期になった。

 

2014年以降は混雑になる事が当たり前になり、
2016年のバス券も含めての完全ソールドアウトの際は、至る所がギュウギュウになってしまっていた。
リストバンドについても非常に待たされ、シャトルバスも近くではないインターチェンジで降りてしまい、体調不良だった私は非常にトラウマものであった。

 

そのため、今年はラインナップによっては参加を取りやめることも検討していたが、
2日目にPerfumeが来たことがトリガーになり、2日目の参加は決定。

初日は参加しない事も検討したが、ラインナップも粒ぞろいだったので通し参加する事にした。

 

結論からいうと、初日はJOIN ALIVEの序盤のみ参加で、札幌ドームで関ジャニ∞のコンサートに行く事にして、2日目は一日中フェスを楽しむ事にした。

 

今年に入ってから関ジャムを観ることが多くなり、ずっと観たいと思っていた関ジャニ∞のコンサートに行きたい欲が非常に強くなっていた

さらには、ニセ明作曲の「今」に非常に感動して、
メトロックのライブの模様が様々なメディアで流れて来たのを観て、
ますます関ジャニ∞を観たいという欲が非常に強くなった。

 

とはいえ、すでにJOIN ALIVEの通し券を取っており、岩見沢から札幌ドームまでに開演までゆとりを持って着けるのかという心配があった。

調べて行くと、行ける方法があったので、チケットの一般発売で取れればと思ったところ、
チケットを取る事が出来たので、行く事にした。

ルートとしては2時半前に会場となるグリーンランドの近くから路線バスが出ているので、
2時近くまではライブを楽しんで、そこから4時少し過ぎに札幌ドームへ着くコースへ行くことを決めた。

 

関ジャニ∞のコンサートに行くことを後押しした要因の1つに当日のタイムテーブルがあった。
夕方以降のアーティストの殆どがライブを見たことのあるアーティストだったことだ。
2、3気になるアーティストはいたが、他のフェスやライブでも観られる機会がある事を考え、
なおかつ今の関ジャニ∞の人気を考えると、札幌ドームで一般発売で入れるのはこれが最後の可能性が高いと思い、今回はこの決断を取る事にした。

 

初日は朝到着してリストバンドに引き替えて、バス停を探し、時間を再シュミレートするところから。
その後にビールを飲んで会場を歩いて、
Future FlowerのRIRIを少し観て、ROSE STAGEのBLUE ENCOUNTへ行く。
その後はお昼を食べたいが、ここは混雑状況次第で自由な感じでいこう。
Future Flowerのクリープハイプを観に行く。
本当であればそのままVelvet Circusのthe HIATUSになだれ込みたいところだが、
時間の関係で断念。
時間が少しあるので、グッズを少し見てからバスに乗って岩見沢駅から札幌ドームへ向かう感じで。

2日目の序盤はギチギチに決めずに、その日の会場と自分自身の状況でその場で決める感じで。
遊園地で遊んだり、ビールを飲んだりして各ステージのオープニングアクトを少しずつ観て、
その場の気分で動くのもいいと思う。
1番辛いのは午後3時ごろのROSE STAGEのサンボマスター、New WaltzのFINLANDS、Velvet CircusのThe BONEZと観たいところがギチギチに重なってる。
ここは当日ギリギリまで悩もう。
その後はROSE STAGEで郷ひろみを観て、そのままTHE ORAL CIGARETTESまで観ていよう。
次は夕食を早めにとって、ROSE STAGEで9月のライブにも参加するMY FIRST STORYを観て、
Perfumeまで楽しむ。
その後は早めに帰るか、少し余韻に浸って会場を少し回って帰るかは当日次第で。

ひとまずは、こんな感じの流れで行こうかなと思う。